スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカM3スチュアート製作日記 3

塗装の難しさに苦しむ同志です。

スチュアートをぬるぬると製作していきます。

HI3F0279.jpg
前回基本塗装まで終了しました。

デカールを貼っていきます。これぞ初心者の登竜門ですね。
ここをミスすれば全て台無しです。気がひきしまります。

HI3F0280.jpg
多少のミスはありますが貼る事ができました。
しかし、これではいかにも貼った感がありますね。
しかし、デザインナイフでニスを切るなんて高等テクニックはありません。
こんな時は・・・

HI3F0282.jpg
アクリル溶液でウォシュリングの様な事をして溶かす作戦です。
あまりに強引ですが出来ればよし!!
HI3F0283.jpg

まぁ、なんとかなりました。

実はこの為にキツめに黒を降っておきました。
今日はこんなものです。
スポンサーサイト

アメリカM3スチュアート製作日記 2 及び最近のこと

遂にやって来た!!
エアブラシくん

毎回お世話になっているノアさんからエアブラシが入荷したとの連絡がきましたので取りに行ってきました。

HI3F0274.jpg
スプレーワーク HGエアーブラシ II
非常に美しいです。

HI3F0275.jpg
今まで安物のトリガータイプだったので、握ってみると違和感を少し覚えましたが慣れると非常に使いやすくて驚きました。

さて、パテを付けたスチュアートに塗装をしていきます!!
HI3F0276.jpg
適当に泥パテを付けました。

さぁ、高級品の試し塗りです。

HI3F0277.jpg
私のような下手くそが適当に塗ってもこれぐらいの濃淡は表現できました。
しかし、これではあまりなのでオリーブドラブ塗っていきます。

HI3F0279.jpg
これはいい感じだと思います。

その他にもシャドー吹きの練習なんかを他の戦車とかでもやりましたが、素晴らしいの一言です。
流石は技術立国日本です。
これほどのものとは思いもよりませんでした。

民間にこれほど優れた技術を持っていながら役人は某エセ共産主義国すらまともに相手が出来ずにいる次第には激怒です!!

そもそも、捕虜の不法抑留に関してはソビエトは謝罪を行いましたが、あの某国は謝罪どころか苦労なさった先人達を洗脳するという反社会的な行為を平気で行って反日を煽っているのです。
自国の大躍進政策文化大革命の失敗、中越戦争や侵略戦争、上海事変における侵略などなどの負の歴史を自国民に教える事もできない様な国はもう未来はありません。
天安門で人民の軍隊がなにをしたのか若い中国人は知らないのです。なぜスズメが中国から姿を消したのかも知らないのです。国民に正しい事を教える事の出来ない恐ろしい隣人です。
私は共産主義の雰囲気などは好きですが、政治的には無理があると言う事を重々承知しています。
まぁ、話は脱線してしまいましたが、今回の政府の対応は情けないと言う事と中国は恐ろしい国って事です。

この厄介な隣人はどうしようもないので、強く行動する必要性があります。
彼らはどこまでも図に乗るからです。

こんな事を個人のブログに書かせる政府もどうしようもありません。
シナに税金をばら撒いたりと・・・

政権交代は近いですね

イタリア カルロ・アルマートM13/14中戦車製作記 1

プラモの為にPS3を売却してしまった同志です。

500エンで買った。イタリア カルロ・アルマートM13/14中戦車の製作記です。
HI3F0256.jpg
中戦車ですが世界的には軽戦車クラスです。

足回りです。
HI3F0270.jpg
軽戦車なので車輪は簡単です。比較的飽ずに作る事ができました。


HI3F0271.jpg
サクサクと製作できました。とても楽しくできました。

HI3F0272.jpg
最近製作した軽戦車達です。
軽戦車プラモは安価で製作が簡単そして作った実感がします。
ジオラマ製作なんかも気軽にできますしからね。
最近組むばかりで塗装してなくねって思った方も多いと思いますが、注文していたエアブラシが遂に入荷されたので、明日ぐらいに取りにいって塗装を試そうと思っている為です。
今後塗装PTとなりそうですが、お付き合い頂ければ幸いです。

大日本帝国陸軍 九七式中戦車改 新砲塔チハ 製作日記 1

扇風機を腹と服の間にいれると爆撃機みたいな音がするなと思った同志です。

今回はコレ!! ↓
HI3F0257.jpg
スチュアートと戦う予定の九七式改です。
私は日本軍の戦車の製作は初めてです。
HN通りソビエト戦車ばかり製作してきました。(大分積んでいるが・・・)

日本軍は10㌧以下を軽戦車20㌧以上を重戦車と定義していますから中戦車ですが、世界的には軽戦車クラスです。
しかし、我が日本戦車には並々ならぬ愛着を感じます。
世界的には遅れていても・・・

ガンガン組んでいきます!!
HI3F0266.jpg
足回りはしっかりと合ってくれますね.

組んでみるとなんだか、縦に長い車体ですね。Ⅱ号戦車やスチュアートより大きいですが、無骨でセンスがあるとは言いがたい戦車だなと言う感想です。でも好きだけどね!!

HI3F0267.jpg
上部を製作
ハッチが印象的です。乗員4名の筈ですがなぜこんなにハッチがあるのでしょう?
よく分かりません。

HI3F0268.jpg

HI3F0269.jpg

素組み終了!!
なぜ、仮止め状態のままなのかと言うと、残念な事に後部機関銃を消失してしまいました!!
top5.jpg

映画化します

部品はあまり無くさない方なのですが、無くしてしまった物は仕方ないですね。

皆さん!!

機銃の無い後部の機銃用の穴の埋め方をアドバイスしてください!!
オーソドックスにパテ埋めでもいいのですが・・・

よろしくお願いします!!

追伸、機関銃塗料ボックスの下から発見しました。

アメリカM3スチュアート製作日記 1

どうも、三連休最後の夜となり、テンションが下がる同志です。

前回予告した通りにアメリカ M3スチュアートの製作日記を綴ります。

HI3F0252.jpg
中古ショップで100エンと投げ捨てられるかの如く売られていた可哀相なスチュアート君を救出しますた。

やはり、100エンなりの理由がある様です。

HI3F0260.jpg
Arisama.png

          ____
       / \  /\ 
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \   しかし、私には修理する技術も気力もありません!!
    |      |r┬-|    | キリッ
     \     `ー'´   /
    ノ       __ \
  /´        l   l 


まぁ、幸い九七式戦車も在庫がありますから九七式に撃破されたって事にしよう!!
なんでも、ポジティブに考える事です!


素組みしていきます。

HI3F0259.jpg
足回りを組みました。流石タミヤ様!!古いキットなんですが、ストレスなく綺麗に組みあがります。合いもピッタンコです。



HI3F0261.jpg
上部も製作して合わせました。
軽戦車ながらカッコイイですね。リベット接合の戦車はなんだかゴテゴテして大好きです。
このキットなんでもスポット生産もされていたようですね。中古なんで初版かどうかはわかりません。

砲塔が特徴的でしが、特に盛り上がりも無いので割愛

HI3F0265.jpg
アメリカの戦車兵が逃げた後の設定の為にハッチは開けっ放しです。

後部の扉も開けようか悩んだのですが、空けるには相当な改造をしなくては駄目なのでやめまました。
今回はこれで終わりです。塗装は塗料を買ってからやります。今は組めるだけ組むって方向ですから、組みまくっていきます。いつもお世話になっている個人店の店主さんからも、「上手くなるには、数をこなせ、例え間違っても数をこなせばどうにかなる」と熱いお言葉を頂きました。

経済貢献

水道管が水漏れして掘り返して修理を個人でやってしまった同志です。
これが恐ろしく大変でした。

まだ、ガレージの方での水漏れだったので良かったのですが生活スペースだったら恐ろしいです。

HI3F0254.jpg
コンクリを割って土を掘り返しての修復は父と共にやりましたが暑くて大変でした。

まぁ、今回は八月から溜まっていた積みキットを紹介します!!

HI3F0256.jpg
我らがヘタリア軍の主力戦車カルロ・アルマートM13/14中戦車
実際世界的には軽戦車クラスです。しかし、登場した1940年には当時の標準以上の性能を持っていました。
戦車で有名なナチス・ドイツの当時の事実上の主力であったⅡ号戦車よりも遥かに高性能でした。
弱い戦車しか持ってないイメージのイタリア軍ですが、当時としては満足な性能を持った戦車を所有しています。
しかし、この有能な戦車は不幸が続き、悪評がつきました。
一つは、長く使われすぎた事です。戦中の戦車の発達は著しくて、あっと言う間に時代遅れになってしまった。
そして、重装甲で有名なマルチダ戦車に撃破されまっくってしまったのです。
次に、エンジンが弱かった。そもそも、イタリア本土やヨーロッパでの戦闘を想定していて、アフリカの砂漠では故障が相次いで大量に脱落したとか
まぁ、実際なかなか良いキットです。しかも中古で600エンでした。ケッテンクラートより安い!!
ぼちぼち作りたいと思います。

HI3F0258.jpg
イギリス軍のデザートシボレーです。
砂漠の鼠やSASなどに使われていますが、今回のキットはSASの物ですね。
SASは飛行機を壊すだけの当時としてはあまり目立つ存在ではありませんでした。人質救出なんかで有名になるのは戦後です。戦中のSASは機関銃で飛行機撃ちまくり、ダイナマイトで機体を爆破、手榴弾でコックピット破壊、挙句の果てには弾がなくなり、斧で飛行機壊しまくりなんだとか・・・
何でしょう、SASは飛行機に怨みでもあるのかな?そういえば最初の空挺作戦も失敗していますし・・・
先のイタリア戦車と組み合わせて北アフリカの戦いを再現するのも面白そうですな

HI3F0252.jpg
アメリカM3スチュアートです。
これも中古でジャンク品でした。なんと100エン!!これは救いださねばと救出しました。
スチュアートはアメリカ南北戦争の将軍の名前です。この戦車は日本軍と何度も戦闘をしており、日本軍も苦戦したそうです。また、フィリピンなどで鹵獲されたスチュアートは日本戦車より優れた為に重宝され、悪名高いインパール作戦では格上のM3中戦車を撃破したそうです。

他にも積みキットは沢山ありますがしんどいのでまた次回にまわします。


次回はスチュアート製作記です。

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

プロフィール

同志99

Author:同志99
戦車が大好きなモデラー
1/35で戦車模型を制作しています。たまに色んなジャンルにも手を出したりします。
お気軽にどうぞ!
ご連絡はこちら↓
chaos.head.umaite☆gmail.com
↑星マークを@に変えて送ってください

総ブログ訪問者
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
製作模型一覧
最新コメント
私のお手本リンク集
フリーエリア
フリーエリア
更新カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2010年09月 | 10月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


カウントアップカウンター
気軽に送ろう
chaos.head.umaite☆gmail.com ↑星マークを@に変えて送ってください
参加させて頂いているクラブ
Blog Modelers
ブログランキング
ホビーコム
プラモ検索ならココ!
優しさクリック
暇つぶしは模型探し!
タミヤ(田宮模型) プラモデル販売の電脳玩具屋ベルモ
アクセス解析
新しい模型欲しい
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。