スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソビエト PT-76水陸両用軽戦車製作記1 組み立て編

HI3F1550.jpg
さてさて、ゲインフルをノアに持って行きおっちゃんから厳しい評価を頂きました。内容としては迷彩の効果が出て境界線がはっきり出てなくてデティールが目立ってないというものでした。言われれば確かにその通り、近くで見ないとよくわからないですね。今回はカモフラージュレーションや墨入れをしっかりしてデティールをクッキリ目立たせるのを目標です。

HI3F1549.jpg
HI3F1548.jpg
この車輌は水陸両用車輌です。だからちょっとだけ内部があります。下から水を吸い取ってジェットで噴出させて前に進むという方式です。やっぱり水陸両用なのでスクリューが欲しいですがこっちの方が効率が良いんですかね?
因みに完成すると全く見えません(泣)

HI3F1551.jpg
HI3F1552.jpg
HI3F1553.jpg
HI3F1554.jpg
HI3F1555.jpg
このキットは非常に組み易くてデティールアップは伸ばしランナーによる溶接表現の追加くらいのものです。
シンプルな車輌です。その後空挺戦車ASU-85の元となり、ASUを改造したゲインフルの元となり、シルカの元ともなった素晴らしい戦車です。成功作として今だ尚使われる素晴らしい戦車なので良い感じに仕上げたいですねぇ・・・
それに箱絵ですがプラハの春の時に突入したイメージなんですかね?国旗的に?難しいですがまぁ何とかしたいです。
塗装も悩み物ですね。迷彩にすべきか、単色を極めるべきですかねぇ・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちわ。
ソ連モノは独特な雰囲気がありますね。
>塗装
これだけ平面が広いと、単色塗装も一工夫でしょうか・・・
なんで、あえて単色でいきませうww

Re: No title

daigoさんこんばんは

ソ連物のこういう雰囲気が好きなんですよねぇ・・・ドイツの様な王道的なかっこよさやアメリカの様な正義の味方的要素は少ないですが、良い面構えといいますか、こう・・・機能美と本当に使われているという感じがしますなぁ・・・本当好きなんですよねw

今の所単色で行こうかなと思っています。まぁ厳しい戦いです(笑)カモフラージュレーションの練習と考えればいいですかねw
プロフィール

同志99

Author:同志99
戦車が大好きなモデラー
1/35で戦車模型を制作しています。たまに色んなジャンルにも手を出したりします。
お気軽にどうぞ!
ご連絡はこちら↓
chaos.head.umaite☆gmail.com
↑星マークを@に変えて送ってください

総ブログ訪問者
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
製作模型一覧
最新コメント
私のお手本リンク集
フリーエリア
フリーエリア
更新カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カウントアップカウンター
気軽に送ろう
chaos.head.umaite☆gmail.com ↑星マークを@に変えて送ってください
参加させて頂いているクラブ
Blog Modelers
ブログランキング
ホビーコム
プラモ検索ならココ!
優しさクリック
暇つぶしは模型探し!
タミヤ(田宮模型) プラモデル販売の電脳玩具屋ベルモ
アクセス解析
新しい模型欲しい
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。