スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターリニズム

Stalin_Museum_Batumi.jpg
今回はソビエトを語る上では欠かせない男の一人である。スターリン。この人が何を考えていたのか?
そこに焦点を当ててみようと思います。(同志99による独自の解釈と間違いがある可能性があります。優しく見守って下さい)

まずスターリンの経歴やらの話は書きません。wikiでも見て下さい。その方が遥かに判りやすく時間の浪費がないです。
今回はスターリンはどういう考えなのか?ここに焦点を当てます。
まず彼はマルクス・レーニン主義です。これはボリジェビキ共通ですね。彼が他の党員と違っているのは共産主義の理想を実現する為の政治ではなく、理想実現の為の手段が共産主義という部分です。レーニンはどこまでも忠実なマルクスの教え子でした。マルクスの唱える理想の社会を作ろうとしたのです。でもスターリンの根底には幼い頃に読んだ強大なロシア帝国がありました。ピョートル大帝が作り上げた強いロシア。世界大国ロシア。これを作りたかったのです。その為の有効な手段が共産主義でした。ロシアは1900年代初頭は後進国です。広大な国土を持っているのでそれなりの地位がありましたが内面はまだまだイギリスなどのヨーロッパ列強には敵いません。そこに第一次大戦です。ボリジェビキが政権を奪取してドイツと講和してしまいました。これは敗戦と同等レベルの和平です。事実ロシアには前線の兵士を食べらせるだけの余力すらない有様でした。WW1でドイツ帝国が倒れた後はボリジェビキという得体のしれない集団に率いられる訳の判らない国としてハブられます。それだけではなく血みどろのロシア内戦まで発生します。他にもポーランドが攻め込んだりとソビエトは何時崩壊してもおかしくないというか、崩壊しなかった事が奇跡のレベルです。それにボリジェビキも最初から多数派だった訳ではありませんしね。WW1で弱ったロシアに追い討ちをかける内戦とポ・ソ戦争・・・そこに戦時経済政策による大損失・・・かつて世界最大最強を謳歌したロシア帝国の面影はありません。こんな現状を見たスターリンはどう思ったのか?何が何でも偉大なロシアを作り上げねば、誰にも笑われない大国を作らないと!!このコンプレックスにも見える様な決意で製作を進めているのです。だから独ソ戦に勝利して超大国としての地位、世界の半分の盟主としての地位を確固たる物とした時、彼はやっと自らの理想を建設できたのでは?と思います。だがその代償はとんでもなく大きいですがね・・・
しかし、スターリンの憂鬱は終りません。ドイツを打ち倒した後もまだ超大国としての地位が壊される可能性があります。西側です。資本主義と共産主義は相容れないのです。しかも敵は先の大戦で圧倒的な物量を見せ付けたアメリカを筆頭に優秀な各国が結集しているのです。それに比べてソ連は見てくれこそ良いものの内情はWW2でボロボロです。そんなスターリンは恐怖に陥ります「西側が攻撃してきてソ連を潰すかもしれない・・・いや、絶対に潰す気だ!!間違いない!!」スターリンはなんとしても超大国となったソ連を守ろうと奔走するのです・・・












関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

同志99

Author:同志99
戦車が大好きなモデラー
1/35で戦車模型を制作しています。たまに色んなジャンルにも手を出したりします。
お気軽にどうぞ!
ご連絡はこちら↓
chaos.head.umaite☆gmail.com
↑星マークを@に変えて送ってください

総ブログ訪問者
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
製作模型一覧
最新コメント
私のお手本リンク集
フリーエリア
フリーエリア
更新カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カウントアップカウンター
気軽に送ろう
chaos.head.umaite☆gmail.com ↑星マークを@に変えて送ってください
参加させて頂いているクラブ
Blog Modelers
ブログランキング
ホビーコム
プラモ検索ならココ!
優しさクリック
暇つぶしは模型探し!
タミヤ(田宮模型) プラモデル販売の電脳玩具屋ベルモ
アクセス解析
新しい模型欲しい
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。