スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車は小市民的移動空間

268.jpg
電車で座席の前に立ち同志99は苦々しく思っていた。
「クソ、座ってるやつなんて死んじまえ!!」
同志99は10月から神戸まで毎日電車通勤をしております。
約一時間近い電車通勤は普段マイカー通勤になれた私には非常に不快でしんどいものです

電車というのは大抵の人は無言でシュっと携帯でもいじりながら乗っているものだ。
まさに日本的小市民と言わんばかりに他人に迷惑をかける事もなく、他人に興味を持つ事もなく「もう自分の世界に入っちゃうもんね!」と己の世界を謳歌する人が八割がたを占めた現代社会を代表する様な空間なのである。
己の世界に浸っている人は大抵スマホか中高年なら携帯電話を弄っている。ネットやゲームに連絡など現代人は移動中でも大忙しなのである。彼らは見ていても対して面白くなく、壁を見ているのとあまり変わり映えはしない。
仲間内で電車に乗っている人々はまさに楽しくお喋り、夕方の電車ならば共に行ったであろう場所の感想や人生において全くどうでも良い雑談を繰り返す会話的空間である。
二日ほど前、私は非常に疲れ切っていた。長時間の残業後普通電車にて三ノ宮で降り、新快速へと乗り換える。
三ノ宮駅ホームは非常に空いており、「お、これは座れるんじゃないでしょうか」などと一人で気分が上がっていたのだ。
しかしながら、到着した電車はまさに奴隷船と言わんばかりに人間をギュウギュウに押し詰めており、私の座れるという淡い希望はあっけなく打ち砕かれ、失意の内に車両の隅っこにある対面の四人椅子の前に案山子よろしく突っ立っていた。
携帯も電池切れで動かなくなり、最悪な気分の元腰かけている四名をキッっと見た。
この過酷な新快速座席争奪戦争に勝利し、まさに1940年のフランス入城を果たすドイツ軍かの様な勝者の貫録と余裕を見せるこの四名を哀れな敗残兵と化し、羨望の眼差しでおっさんと背中を合わせながら立ち尽くし見る同志99・・・
これが資本主義という事なのね。競争社会は一握りの勝者と大多数の敗者を生み出すのだなどと思いながら彼らを見ている事しか出来なかった。
一人は中年中肉中背のちょっと年齢不詳気味のおっさん。
彼は耳にはイヤホンを差し、窓側の壁に頭を凭れながらまさに新快速座席争奪戦争の勝利的特権である熟睡を我々哀れな座る事を許されぬ敗残兵に見せつけていた。結局彼は私が下りた駅ですら起きる事無く終点へと向かっていった。
そんな彼を犯行児的目線で睨み付け、寝過ごしてしまえなどと脳内で悪態をついていたのはナイショなのだ。
その彼の横はまさに日本的会社員という風貌のこれまたおっさん。30代後半くらいでこれといった特徴もなく各駅に4~6人くらい居そうなサラリーマンであった。
彼も勝利者的特権をフルに公使し、新聞を読み「俺は移動と知識の吸収の二つの大事業をこなしちゃうもんね!!」と言った風に腰かけていた。むぬぬっ・・・と無念の表情を浮かべながらそれを眺める事しか出来ない同志99・・・
そして安眠おっさんと対をなす席で現代技術の粋を集めた多機能携帯電話いわゆるスマフォを弄りまくるこれまた40代手前のおばちゃん。彼女もまた勝利者の余裕のなか窓側に顔を向け携帯をいじくり倒していたのだ。
そしてそのおばちゃんの横にちょこんと座るまさに高度成長期と共に年齢を重ねてきたかの様なおっさん。
頭は薄くなり、白髪も交じり、きっと朝なんかには「あぁ、1980年くらいはフッサフッサやったのになぁ。俺も年取ったもんやで」とか言っているに違いない。
腹も大きく飛び出しており、その中には中間管理職的ストレスと麦とホップが発酵した飲料やら焼き鳥やらなどが詰まっており、曲り間違っても夢や希望が詰まっているとは思えない腹であった。
彼は他の三人の様な「もう自分の世界に入っちゃうもんね!!」的な空間を作っていた訳ではなく、ちょくちょく独り言を言っていた。電車内部では聞き取れず非常に残念だったが、きっと「明日も会社行きたくないな。また部長に文句言われちゃうよ。今から家に帰って洗い物か、めんどくせぇなぁ」的なまさに小市民的ぼやきを言っていたに違いないとなぜか確信した。
そしてファミマのレジ袋から徐に缶チューハイを取り出し、なんかよくわからない饅頭的な饅頭と共に飲み始めたのだ。
そんな彼を見ていて、私は非常に悲しくなってきた。会社では部下からヤイヤイ言われて部下のミスで頭を下げ、上司からはやいやいいわれてまた頭を下げ、家庭では自分の酒を飲む空間すらなくこの現代社会を代表する個人空間の新快速座席でおばはんの横でヒトリごにょごにょ言いながら酒を飲む。彼にとってこの空間こそまさに落ち着きのオアシスなのだろうと感じた。
朝の様な会社へ行くというちょっとした緊張とタングステンより重い気だるさを感じる事もなく、誰からも文句も言われずにチビチビと缶チューハイを飲める。そんな素晴らしい世界だ。
「今日は疲れたな。お、座席が空いてるじゃないか、そうださっきコンビニで買ったチューハイでも飲むか。はぁ、家帰ってもそんなする事もないし、まだ火曜日だし嫌だな。世間は三連休とか言ってたけどそんなものはなかったしなぁ。あ~あ、また部長の奴に明日も文句何言われるかなぁ」
などと感じながらも少々の解放感を感じ、酒を飲むそんな彼は本当に勝者なのだろうか?
実は資本主義労働的人員を移送する電車には勝者なんて存在しないのではないだろうか?
そう、彼らは新快速座席争奪戦争には勝利したがその戦場に立った時点で私と同じ仲間だったのだ!!などと考えていたが、あの四人は俺の降りる駅まで誰一人も動かなかったので死ね
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もバス、電車通勤ですが、乗車中は大概雑誌読んでるなあ、A-CARSとかオールドタイマーとかモデグラとか、月刊誌を月3~4冊買うと間があかずに新しい本が読めて暇つぶしになりますよ。それと電車通勤だとびっくりするくらい自家用車に乗る機会が減りますね、自分用の車とかいらないんじゃないかなと思うくらい。 電車の中で飲酒してるサラリーマンは多いですね、前死んだ魚みたいな目で瓶の日本酒をラッパ飲みしてるサラリマンがいましたが、さすがにそこだけ異様な負のオーラが漂ってましたね。

No title

お仕事ご苦労様です。
これだけの長い文章を綴れる貴方に、一票。

こんにちは。
私も電車通勤しておりますが、折り返しの始発駅から乗車するので毎朝座れます。田舎の駅なので(笑)。
満員の通勤電車内で飲食している奴らを見ると、こいつらは一般常識に欠けているのか?マナーを知らないのか?って腹立たしい思いをしますが、同志99さんのように色々想像するとある意味楽しめますね(笑)。

Re: No title

デル他さんこんばんは
私も本などを持ち込んだ事もありますが、どうも電車内では集中できませんねぇ
オールドタイマーと言えば、昔私の作品が掲載された事があるんですよ(笑)
意外と満員電車内部でも色んな情景が見れて面白いです!

Re: No title

店長どうもです
改装期待しております!
自分の感じた事などを書き殴るというのは結構ストレス発散になります

Re: タイトルなし

zep1109さんこんばんは
満員電車というのは非常にストレスのかかる場所です。
特に疲れた時など目的駅が遠く座れないと本当にしんどいです。
プロフィール

同志99

Author:同志99
戦車が大好きなモデラー
1/35で戦車模型を制作しています。たまに色んなジャンルにも手を出したりします。
お気軽にどうぞ!
ご連絡はこちら↓
chaos.head.umaite☆gmail.com
↑星マークを@に変えて送ってください

総ブログ訪問者
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
製作模型一覧
最新コメント
私のお手本リンク集
フリーエリア
フリーエリア
更新カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カウントアップカウンター
気軽に送ろう
chaos.head.umaite☆gmail.com ↑星マークを@に変えて送ってください
参加させて頂いているクラブ
Blog Modelers
ブログランキング
ホビーコム
プラモ検索ならココ!
優しさクリック
暇つぶしは模型探し!
タミヤ(田宮模型) プラモデル販売の電脳玩具屋ベルモ
アクセス解析
新しい模型欲しい
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。