スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソビエト KV-Ⅱギガント重戦車製作記 1.1

5353476.png
やーーーーーーーーーーた!!土曜日da-------
土曜日はまだ明日があるという思いでいれるので大好きですw
今回は1.1という事でギガント解説です。有名な戦車なので「オレ、よく知ってるし キリ」と言う方にはつまらないかもしれませんので、ご容赦の程をお願いします。
kv2_39.jpg
KV-2 ドイツ兵からの通称「ギガント」(巨人)の意味を持つ車両です。
主砲は152mm榴弾砲です。当時のドイツ軍は38tも多く使用していました。38tの主砲が3.7cm KwK 38(t)なので桁違いです。この戦車に38tやⅡ号で挑むのは嫌すぎますね。

では、歴史をみていきましょうか。
ソビエトは1939年、フィンランドとの「冬戦争」であまりにも酷い大損害を受けました。戦線は屈強なマンネルハイム線を突破できずにいました。兵士からは強力な火力支援戦車の要請が出ました。その為にやっと開発が終ったばかりのKV-1を使って強力なM-10 152mm榴弾砲を搭載して陣地突破用戦車を突貫工事で設計、製作しました。2両の試作車はさっそく戦線に送られました。
当時冬戦争で士気の下がっていたソビエト兵士の証言があります。

「我々は資本主義の悪魔からフィンランド人を解放に来たが皆殺しにされた。我々の戦車は雪の中で死んでいった。中略 我が戦線に新しい戦車が来るというではないか。また、ろくでもない奴だろうか?と思いながら見物に行った。濃い霧と雪の中から戦車隊の列が現れた。最初の軽戦車隊を皆無言で見送った。その時、後ろから見た事もないシルエットが浮かび上がった。その戦車はあまりにも巨大な砲塔を持っていた。我々兵士は歓喜の声を上げて装甲を擦ったり、叩いた。 中略 我々の同志の多くの血を吸った悪魔の陣地をあっというまに蹂躙した。私はあの感動を忘れないだろう」


この戦闘を詳しく書きます。
フィンランドでは恐ろしい損害を被りました。特に戦車部隊は酷かった様です。理由としてはフィンランド軍を過小評価していたので投入した戦車がスペイン内戦と同じ旧式でした。この戦車達はスペインと同じく37mm対戦車砲で撃破されていきました。(スペインで使われた37mm対戦車砲がフィンランドにあるのはスウェーデンから購入していた為です)
この事態に台20戦車旅団に特別戦車中隊を編成しました。指揮官は人民国防委員長のクリメント・ヴォロシーロフの息子であるP・ヴォロシーロフ少佐に指揮されました。ここで勝利を収めましたが対戦車地雷を踏んでしまい行動不能となりました。巨大すぎて回収には分解するという多大な労力がかかったそうです。

当時の兵士達は何発受けてもビクともしないKVにさぞ喜んだ事でしょうね。ソ連兵はKVⅡを「ドレッドノート」とよんでいました。超ド級の原語ともなった戦艦の名を冠す程ですから信頼の程がわかりますw
また、撃つ側からすればロシアの大男を想像させるKVは恐ろしいかった事でしょう。何発撃たれても倒れない恐怖の戦車ですからね。

素晴らしい活躍を見せてくれましたが問題点は多かった様です。いくつかを紹介します。
巨大になりすぎた砲を支える車体はKV-1の物を代用しました。当然無理が生じてきます。砲塔が巨大化していますが、ターレットリング径はKV-1と同じです。斜面などでは砲塔が十分に回転しなくなったそうです。
また、巨大化により速度は一段と遅くなりました。
これで機動性と信頼性は低くなってしまいました。それに戦車部隊での行進も多大な苦労がでます。まず、時速34kとありますがこれは机上の空論です。変速は停止中にしかできないからです。そして機動性の悪さが行軍にも影響しています。各戦車部隊と共に行軍しますが遅すぎて遅れて行軍にならなかったそうです。また、信頼性の悪さと乗員の質の低さでこの戦車は酷い損害を受けます。損害の10%ほどが敵との交戦で残りは沼にはまったり、修理できなくて乗員の手によって爆破、遺棄されました。

しかし、戦線に出ると無敵状態でした。
Ⅳ号の切り株もこの戦車の前には弾き返されるだけでした。88でもっても5発中貫通は2発と言う驚異的な防御力でした。たった一両のギガントが戦車連隊や旅団を停止させたりと恐ろしい猛威を振るいました。
しかし、ドイツ軍にとって幸いだったのはこのギガントの配置数は恐ろしく少なかった事と乗員の熟練度の低さです。

とまぁ、今回はこんなもんでおわりです。え?中途半端感がありなえないって?
そんなあなたにはこれをオススメします。
KV‐1&KV‐2重戦車1939‐1945 (オスプレイ・ミリタリー・シリーズ―世界の戦車イラストレイテッド)KV‐1&KV‐2重戦車1939‐1945 (オスプレイ・ミリタリー・シリーズ―世界の戦車イラストレイテッド)
(2001/07)
スティーヴン ザロガ、ジム キニア 他

商品詳細を見る

これをよめばバッチリです。しかも千円ちょっとですからねw
本末転倒とか知らん

おまけはギガントちゃんのグラビアです。

________________________

    こいつがKV2だウラー
__________  _____________
              \/

           ∧=∧
           (;゚Д゚)/ ∩_____
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~||:r―ヽ ┬.┬┴ェ_______
        |   。━━ ||「|   ) |  | ((_______(()
        |         ||l」  ノ |_|__/
        |    ━━ ||:ヽ_ノ___ノ |
     ___.└―____||:_____|__
  _|_|_|二二二二二λ_(()     □@λ____
  ―――――――┴――`、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/―――`、
 |~~~~√~√√~√√)________ )_______|_)_______)
 ( U |() i()i()i()i (7====7_          7====7
  \ ゝ λλ λ λ7====7\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7====7
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                    ____
                   ヽ=★== /
                    (・∀・ )
                    と   つ
              ,.-ニ^/ I| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|、
          ()二二二二) | | |||  - ―       |'
               ー― \I|    .―       |
                | ̄ ̄ ̄|         .┌ ―┘
      ___ / ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~^ヽ
    ./ /,,±- ̄ ̄/ ̄/二二二二二二二二二二二二二二二二┘
   /=/---------/=/ヽ   ((0)    ((0)     ((0)    .//ヽ
   | = | ヽ<    < .| = |  |. //ヽ //ヽ //ヽ //ヽ //ヽ //ヽ | |  |
   \=\_ヽ――― \=\"-ヽ ノ--ヽノ--ヽノ--ヽノ--ヽノ--ヽノ" /
      ̄~~~~~~~~~~~~   ̄ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
KV-2 量産型


AAでは満足できない悪い子はこっちでも見ておきなさい!!
Bundesarchiv_Bild_101I-209-0091-11,_Russland-Nord,_russischer_Panzer_KW-2
kv2.jpg
kv2_2.jpg
KV-2_2.jpg
KV-2_3.jpg
KV-2_5.jpg
kv2_4.jpg
kv2_3 a
KW-2_1940.jpg
KV-2_1.jpg
kv2_71.jpg

今日は終わり
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

初めて見ました

こんにちは!
昨日入院先から帰宅しました。
ソビエトの戦車ってホントユニークですね~。
遮蔽性とかを全く考慮していない車両ですね。88㍉も止めてしまう位だから考慮の必要もないのか~。
怖いのは航空機だけだたんですかね?
車体の上に戦艦の砲塔が載っているような印象を受けました。

Re: 初めて見ました

>こんばんわ、コウさん

> 昨日入院先から帰宅しました。
お体には気をつけて下さいね。

> ソビエトの戦車ってホントユニークですね~。
> 遮蔽性とかを全く考慮していない車両ですね。88㍉も止めてしまう位だから考慮の必要もないのか~。
ですね。五ヵ年計画で不況なんてヘッチャラだったのでT35みたいな陸上戦艦をつくったりとやりたい放題な時期の車両ですからw

> 怖いのは航空機だけだたんですかね?
実際大量配置されてなかったので航空機での被害はわかりません。たぶん上からの爆撃には耐えれないと思います。

> 車体の上に戦艦の砲塔が載っているような印象を受けました。
なんだか小学生の時に書いたらくがきによく似ているなと私は思いましたw

また来てくださいね。
プロフィール

同志99

Author:同志99
戦車が大好きなモデラー
1/35で戦車模型を制作しています。たまに色んなジャンルにも手を出したりします。
お気軽にどうぞ!
ご連絡はこちら↓
chaos.head.umaite☆gmail.com
↑星マークを@に変えて送ってください

総ブログ訪問者
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
製作模型一覧
最新コメント
私のお手本リンク集
フリーエリア
フリーエリア
更新カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カウントアップカウンター
気軽に送ろう
chaos.head.umaite☆gmail.com ↑星マークを@に変えて送ってください
参加させて頂いているクラブ
Blog Modelers
ブログランキング
ホビーコム
プラモ検索ならココ!
優しさクリック
暇つぶしは模型探し!
タミヤ(田宮模型) プラモデル販売の電脳玩具屋ベルモ
アクセス解析
新しい模型欲しい
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。